トップページ> イベント情報検索
イベント情報 イベント検索
収蔵文書展広島県の鉄道のあゆみ供峺北の路線を見つめる」
 

 広島県の陰陽連絡路線として,芸備線経由で木次(きすき)線・三江(さんこう)線などを利用するルートがあります。かつては,芸備線・木次線経由で広島―米子間を結ぶ急行「ちどり」などがありましたが,現在は普通車のみの運行となり,本数も減り,接続が難しい路線となりました。また,かつては広島―浜田間を結ぶ陰陽連絡線として建設が進められた可部(かべ)線も,平成15(2003)年に可部以北が廃止されました(平成29年3月,あき亀山駅まで復活)。そして,平成30(2018)年3月末には,三江線が全線廃止されることとなりました。
 しかし,これら県北の路線は,長年にわたる地元住民や関係自治体の熱い要望と運動を背景に実現したものが多く,そこには,地域経済交流や産業開発だけでなく,過疎化をくい止め,福祉・文化の向上に資する目的も込められていました。
 利便性が失われつつある現在,県北の路線を改めて見つめ直し,公共交通機関としての鉄道のあり方を考えるための素材になればと思います。
 また,5月27日には,展示に関連したイベントとして,講演会を開催します。

開催期間 2017/ 3/28(火) 〜 2017/ 6/10(土)
時間 月曜日〜金曜日:9時〜17時
土曜日:9時〜12時
日曜日・祝日:休館
開催場所 千田町三丁目7-47(広島県情報プラザ内)
交通手段 広島駅・広島港から広島バス21-2号広島港(プリンスホテル)方面行きで「広島県情報プラザ前」下車すぐ 路面電車(紙屋町経由広島港行)で「広電本社前」下車約500m
入場方法・料金 入場無料
問い合わせ先 広島県立文書館
〒730-0052 広島市中区千田町三丁目7−47 広島県情報プラザ2階
TEL:082-245-8444/FAX:082-245-4541
問い合わせ先E-mail monjokan@pref.hiroshima.lg.jp
ジャンル 文芸、生活文化、その他