トップページ> イベント情報検索
イベント情報 イベント検索
収蔵文書の紹介展「広島の歴史的風景−文書館収蔵の絵はがきから−」
 

 広島県立文書館では、戦前の広島県内の様子を写した絵はがきを約2,500点収蔵しています。絵はがきの流行は、日露戦争後に本格的に始まり、明治末から昭和のはじめにかけて、大量に発行されました。これらの絵はがきは、当時の観光みやげとして、また、行事や施設の記念品などの形で流布したものですが、今日では、写真撮影が一般に普及していなかった時代の貴重な画像資料となっています。また、文献・文字資料では分からない、風景の移り変わりや、建物・街の経年変化を知ることができ、歴史資料としても有用な情報を提供してくれます。
この展示では、文書館が収蔵する絵はがきの中から、広島市内の様子を写したものを中心に紹介し、現状と比較することで、そこに写された歴史的風景と絵はがきの資料的意義について考えてみることにします。

開催期間 2017/ 6/29(木) 〜 2017/ 9/16(土)
時間 月曜日〜金曜日:9時〜17時
土曜日:9時〜12時
日曜日・祝日:休館
開催場所 千田町三丁目7-47(広島県情報プラザ内)
交通手段 広島駅・広島港から広島バス21-2号広島港(プリンスホテル)方面行きで「広島県情報プラザ前」下車すぐ 路面電車(紙屋町経由広島港行)で「広電本社前」下車約500m
入場方法・料金 入場無料
問い合わせ先 広島県立文書館
〒730-0052 広島市中区千田町三丁目7−47 広島県情報プラザ2階
TEL:082-245-8444/FAX:082-245-4541
問い合わせ先E-mail monjokan@pref.hiroshima.lg.jp
ジャンル 文芸、生活文化、その他